暖炉の前

外国の家には暖炉があって、その前で身体を暖めていたことがありますが、
おシリの部分だけが暑くて、なかなか部屋の中が暖かくなってなかった印象があります。
普通にエアコンで温めてくれた方がよかった(!)。
暖炉のある家って見てるのはいいけど、あんがい寒いものだな、、ってその時に思いました。
暖炉って気をカットしたり、手入れも面倒みたいですし。
日本の家で暖炉がある家って珍しいわけだけど、ある家では大変なんでしょうねー。
田舎の家ではありそうだけどね、、素敵です(見てるだけなら)。

さて、またその暖炉のある外国の家に行くことはあるわけですが、出来れば夏にお邪魔したいと思っています、
やはりね、、オシリだけが焦げる感じで温まっても寒いわけですよ、
暖炉はテレビで見るだけでいい(!)。

なんでもそうかもですね「あんな家に住んでもいたいなー」っていうのは夢でしかない、
あんがい不便なものなのだろう、ごく普通が一番いいのだ。
といっても暖かい家って難しいのかもだけど。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、うづきが2021年1月 1日 15:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「朝飲むもの」です。

次のブログ記事は「ロックダウンという言葉」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク