壁のリフォーム

昔の古い家だと、まだ砂壁のところがあったりなんかして。
そんな家を借りると、自分でリフォームしたくなる。

砂壁をまずはがすんだけど、霧吹きで水をスプレーして柔らかくなったらヘラではがして、
(マスクしてねーーー)
片付けして「それ!」ってペンキを塗っていきました。
ペーパーの壁にしてもよかったけど、ペンキの方が楽しそうで笑

楽しかったけど、すごく疲れました。
もう二度と嫌。
お金ためてプロの業者さんにやってもらう方がいい。
でも砂壁ってなんていうか、主幹があってよかったりもしますね。
高級なのを使った壁なら何十年たってもいい感じなのかも。

こんな感じで古い家のいいところって変わっていくし、
もう新しい家を建てるときにわざわざ砂壁にすることもないんだろうけど、
なんか昔の家っていいなー、、、ってふと昭和を思い出してみたり。。。

砂壁で感じる昭和の香り、、、、いいじゃないか笑

ペンキ塗りも、こういうことがないかぎりやらないしね、いい経験でした!
誰かの家で同じことやるのなら、ボランティアでお手伝いしたい!!

このブログ記事について

このページは、うづきが2018年12月 1日 16:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「曽我家」です。

次のブログ記事は「タイ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク