63歳はまだ若い

歌手の西城秀樹さんがおなくなりになられましたね。
63歳でした、若い。。

病気だってことは聞いていましたが、4月に入院されてそのまま帰らぬ人になられました。
私は見てませんが、半身が動かなくなってもまだテレビには出ていたとかで、「生きる」ことしか考えていなかったそうです。
生きるって、難しいのですよ、あんがい。

私の親も癌が見つかった時は「まず手術」そしてその後は「生きる」ことに毎日を費やしていました。
何かあった時のために、っていろいろな準備をしていたのも確かです。
悲しい事ではあるけど、人間はいつか必ず死を迎えていきます、
それまでをどう生きるか、そこに人生ってかかってるんですよね。

西城秀樹さんもそうだったと思います。

西城さんはバリ島に家もあるし、時々来ては楽しんでいたようですが、
病気になられてからはどうだったのか、、、。

お子さんがいらっしゃるのでバリ島の家は受け継がれていくのでしょうけど、
そもそもバリ島に家を作ったのも、日本でのストレスとかね、、そういうものから逃げたかったからだと思うのです。

一度バリ島にいる時にバリ人の友人に
「場所知ってるよ、連れていってあげる!」
って言われたことあるけど、その時は忙しくて行けませんでした。

行ったからって西城秀樹がそこにいるとは限らないし、そんなミーハーなことしてどうなるのだ、、とね。

でも今思えば、お互いバリ好きだとして、同じ地に立って同じ空気吸ってるぞ、って
そこに行って言っても(誰に??)よかったな、なんてバカな事考えてしまいます。

帆冥福をお祈りいたします。

このブログ記事について

このページは、うづきが2018年6月12日 15:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「差別」です。

次のブログ記事は「ブログとホームページ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク