転職先が見つかっていない微妙な状態

微妙に腫れ物に触るような状態を体験できました。
夫が転職のために退職となったのが年末付、
転職先が決まっていなかったので晴れてプータローの身となったわけです。
音響職で転職したいなんて無謀だと私は思っているんですがね・・・w

となると、年始の挨拶をする頃は出来立て新鮮のプータローです。
私の実家、兄弟はある程度事情を察しているわけで、
なるべくその事には触れないようにしているのが目に見えて
わかりました。
転職先が決まってないからよけいですね。
だからと言って全く触れないというのも不自然、あえて外堀の
辺りでちょろちょろとしているような会話をしていました。
こういった雰囲気の中、腫れ物に触るようなってこんななんだろうかと
一人で思っていたわけです。

夫実家ではもう少し砕けていたものの、
それでもなるべく暗くならずに、明るい感じで
その手の話題をしておりました。

しかし、そこに穏やかな空気を破るものが出現です。
......息子です。子供だから容赦ないんですよ。

「父ちゃん、仕事やめちゃって暇だからこれからデブになるかも~~。」

もうね、一瞬で空気が凍った後に粉々に砕いたくらいの
雰囲気でしょうか。
周りの大人は何も言えませんよね、引きつり笑いを浮かべるだけです。

幸い、夫本人はそれほど気にしていないようで
後からも笑い話のように言っていたのでよかったです。

だめですね、子供だからって事実の表面上だけを教えて
適当に繕うとぼろが出ます。

子供なりにどういう事なのかを理解させて、
なおかつこういった悲喜劇のような状態を予測して
なるべくそういう話はしないようにと教えないと。



このブログ記事について

このページは、うづきが2015年6月26日 13:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「梅雨明けまで...」です。

次のブログ記事は「義理両親に気に入られていた看護師さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク