2014年3月アーカイブ

保健師助産師看護師法とは?

看護師の全てを決めている法律が保健師助産師看護師法

 

看護師の定義も保健師助産師看護師法が決めている

保健師助産師看護師法には看護師の身分を定めた記述があります。つまり、同法は看護師のあり方、業務内容などを定めた法律でもあります。

 

保健師助産師看護師法の定義

看護師は看護学校を出た後、国家試験を受けなければなりません。その決まりも全て保健師助産師看護師法に定められています。この法律において『看護師』とは、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじょく婦に対する衛生上の世話又は診療の補助を行う者を言う」上は法律の条文ですが、この文章を見ても分かるように、看護師は厚生労働大臣の免許を受けずに従事すれば違法になりますし、診療の補助でなく、診療行為をすれば違法になります。看護師が診療行為をして罪なった事件がありましたが、罪になった理由は法律に反しているからです。

 

保健師助産師看護師法の定義に恥じない看護師になろう

 保健師助産師看護師法が定められた目的は以下のように書いてあります。この法律は、保健師、助産師及び看護師の資質を向上し、もって医療及び公衆衛生の普及向上を図ることを目的とする」法の定められた目的です。医療の発展を体現するような素敵な看護師、助産師、保健師になってください。

このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク