2013年9月アーカイブ

看護師の復職

看護師はいわゆる「手に職」ってやつで、一生モノの資格といえるでしょうね。
私はアルバイトですが、自分の仕事に誇りをもって日々働いています!

でも、結婚出産家事育児、家族の転勤など、様々な理由で職場を離れる人も多いですよね。
いったん離職した看護師が復職するのは簡単か、大変か。どう思いますか?

一般企業で働く友人から、「看護師なら、結婚してもいつでも戻れるでしょ?病院もたくさんあるしから働き口にも困らないし、いいよねー」
なんて言われたことがあります(怒)
いやいや!看護師という仕事は夜勤もあって時間も休みも不規則だし、とにかく体力勝負。お給料だってマチマチなんです。
基本女性ばかりだから人間関係もイロイロで、精神的ストレスも多いんです。
大きい病院だと派閥みたいなものに巻き込まれたり、小さいクリニックだとうまくいかなかったときに逃げ場がないし。
なので私はあえてアルバイトを選んでいる、というのもありますが。
おっと、話がそれました(笑)

一度職場を離れてブランクがある看護師の復職というのは、想像以上に大変なものなんです。
というのも、最近私が勤める病院に、子育てがようやくひと段落したからと7年ぶり位に現場復帰した方がいらっしゃるんですね。
働くこと自体が久しぶりで、技術や勘を取り戻せるのか、仕事についていけるのか...と相当悩んだみたいです。
彼女はこのサイトを見て、転職サービスに登録して復職を決めたそうです。
看護師ブランク求人ランキング

県や施設によっては、復職支援を積極的に取りくんでいて、お給料をもらいながら研修を受けられるところもありますし、
保育所を設置する施設も少しずつですが増えていますね。
無料のセミナーを受けるのも手かもしれません。

私が勤務したこの10年、たしかに色んなことが変わりました。
看護技術だけでなく、カルテが手書きから電子カルテになったり。
働いていても変化に対応するのは大変なのですから、現場を離れていた人の不安は相当なものでしょう。
でも、いま看護師は全国的に不足しています。女性の力が必要なんです。
もし、復帰したいけど不安だと悩んでいる看護師がいたら、ぜひウチの病院に来て欲しいです(笑)

このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年8月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク