医師の労働時間を考えてみる


医師の労働時間は、各病院、施設により異なりますが、ある調査の結果では、規模が大きいほど労働時間が長くなり、その傾向にあるためなのか、規模が大きい病院になるほど医師の年齢層も低くなるという傾向にあります。
いずれにせよ、医師の労働時間は、各医療機関により異なりますが、大きな病院ほど、労働時間は長くなる傾向にあるようです。

おおよそ1日の半分を病院で過ごす事となりますから、医師の収入が高給というのは、実際、一概には言えない事といえるのです。
もちろん、一般の職業と医師の給料を比較すれば、当然、医師の収入は非常に高給である事は確かですが、それ以上に医師という仕事は過酷であり、労働時間も長く、下手をすると、病院に1日中いる、もしくは、何日もいるなんて言う事も、医療機関によっては考えられますから、『収入=労働』が必ずしも比例しているか?という部分は、やはり必ずしもではないという事になるのです。

いずれにしてもこの労働時間、労働条件の不満をもとに転職を考える医師も多く、時間の余裕が欲しい、もっと生活を大事にしたいという理由から、転職を果たす医師も多いのです。
中には、週の労働がなんと60時間近くになるという医師も存在し、家に帰れないという状況に至るケースもある医師業ですから、やはり労働に関する問題は、命を預かるゆえの宿命ともいえるものの、相当過酷である事は事実なのです。

そもそも法律で規定されている、労働時間は週に対し40時間なので、医業を行う医師における労働時間は、その基準よりはるかに上回っている事は事実です。
医師という仕事は、患者さんが帰った、では、終了と簡単にいかない職業だけに、医療機関によっては、相当重労働且つ、自分のスキルを発揮できない環

医師における労働時間を考えると、結果的に、非常に働いているという事が想定出来ますが、命に携わる存在且つ、医師がいなければ、けが人、病気の方等も助けられない事となりますから、重要な存在なのですが、やはり医師は、医師自身の医療における環境を十分に選び、尚且つ自身の生活を考えた転職及び就職をすべきと思います。
いなくてはならない存在ですが、医師は医師の生活を考えた上での環境選びが、やはり医師にとっても必要と考えます。

昨今は、医師が医療機関を選べる時代ですから、医師は医師自身のための就職を果たすべきと考えるのです。
今では、医局制度に頼る必要が無いですし、尚且つ医師自身が働く場所を検討できるので、医師自身の目的に基づく環境選びをしてください。

非常勤医師の求人特集 非常勤医師求人・医師転職情報|m3.com CAREER

このブログ記事について

このページは、うづきが2013年6月25日 15:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「次世代の看護師を育てよう」です。

次のブログ記事は「上手に人を使う...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク