保健師助産師看護師法とは?

看護師の全てを決めている法律が保健師助産師看護師法

 

看護師の定義も保健師助産師看護師法が決めている

保健師助産師看護師法には看護師の身分を定めた記述があります。つまり、同法は看護師のあり方、業務内容などを定めた法律でもあります。

 

保健師助産師看護師法の定義

看護師は看護学校を出た後、国家試験を受けなければなりません。その決まりも全て保健師助産師看護師法に定められています。この法律において『看護師』とは、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじょく婦に対する衛生上の世話又は診療の補助を行う者を言う」上は法律の条文ですが、この文章を見ても分かるように、看護師は厚生労働大臣の免許を受けずに従事すれば違法になりますし、診療の補助でなく、診療行為をすれば違法になります。看護師が診療行為をして罪なった事件がありましたが、罪になった理由は法律に反しているからです。

 

保健師助産師看護師法の定義に恥じない看護師になろう

 保健師助産師看護師法が定められた目的は以下のように書いてあります。この法律は、保健師、助産師及び看護師の資質を向上し、もって医療及び公衆衛生の普及向上を図ることを目的とする」法の定められた目的です。医療の発展を体現するような素敵な看護師、助産師、保健師になってください。

薬剤師の旦那は今日は残業です

金属アレルギーなので、ペンダントや指輪がつけられません。
結婚指輪も袋に入れて持ち歩いています。
旦那はきちんと結婚指輪をしていてくれているのに、私はしていないのでなんだか申し訳ないです。
旦那は私の金属アレルギーのことを理解してくれているのですが。
こういう体質じゃなかったら、もっとおしゃれも楽しかったのかな~と思います。
服や化粧、髪などで十分楽しんでいるのですが・・・。

暗い話をするのもよくありませんね!
今日は旦那が残業なので、一人でご飯です。
旦那は調剤薬局に勤める薬剤師なのですが、今は新薬の研究があるとかで、会社の薬剤師の人たちが夜遅くまで開発しているそうです。
薬剤師の仕事って、病院や薬局で薬を処方する職業だと思っていたのですが、こうして新薬の開発にも携わっているんですね。
薬剤師の旦那に聞くまで知りませんでした。
さて、晩御飯何にしよう。
一人だからそんなに張り切って作らなくていいので、簡単にすませようかな。
朝の残りはお昼に食べちゃって残ってないし、冷蔵庫にも使えそうな食材なかったし、久しぶりにスーパーの惣菜でも買ってこようかな。
旦那の食事だと栄養価などを考えてしっかりしたものを作りますが、自分一人だと適当になります(笑)

インフルエンザ感染に注意

いよいよインフルエンザが流行りはじめてきましたね。

看護師していると感染予防をしっかりしておかないとすぐにうつってしまいます。

感染予防といってもやっぱり一番効果的なのは睡眠時間の確保といったところでしょうか。

抵抗力が弱ってしまうとすぐに菌をもらってしまうのでとにかく自分の健康管理が大切です。

普段はちょっと夜更かし...なんてことがあってもこの時期だけは睡眠時間を削らないように必死です。

近くの小学校では学級閉鎖がどんどん広がっているようです。

小さな子供さんがいる家庭ではそれこそ大変ですよね。

子供が病気をすると共働き家庭が多い今の時代子供の世話をする人がいなくて困るというところも多いようです...。

子供だけを残して仕事に出かけるってわけにもいかないしね...。

 

転職活動をするときには、まずはハローワークで求人を見ることが多いと思います。
地方の場合はハローワークぐらいしか求人が充実していないということもあります。
そもそも全国どこを見ても、ハローワークが最も求人数が多いですからね。
それに無料で利用ができるというのも嬉しいポイントです。

その一方でハローワークにはブラック企業も多いと言われています。
ネットでの口コミを見てもそう思うかもしれませんが、これは一種のネガティブキャンペーンみたいなものです。
あまり気にしないでもいいと思いますが、それにしてもブラック企業に転職をしたくはないですよね。

ハローワークというのは公的機関ですから、いくらブラック企業でも違法な会社でもない限りは求人の掲載を断ることはできません。
ブラック企業と言われている企業だって、まっとうに税金を納めているわけですから、公的機関のハローワークは断ることができないというわけです。

どのような理由であれ、ブラック企業に勤めることは避けたいですよね。
ブラック企業だったらすぐに退職すればいいと思うかもしれません。
ですが、すぐに転職することになれば自分の職歴にも傷が付いてしまうので、焦って怪しい企業に転職をしないようにしましょう。

ところで私の弟がフィールドエンジニアをやってるんです。それで今転職したいと言っています。
そこでハローワークでフィールドエンジニアの志望動機など一緒に考えてもらえないかと言ってみました。
使えるものは使っていかないとというのは世のセオリーですよね。

バイトの看護師でも...

いくらバイトだといっても看護師の仕事を10年以上も続けていたらもう完全なベテランですよね!

だけどちょっと悲しいのがベテランとなってしまうと余計な仕事までさせられてしまうことがあるんです...。

勤務終了直前なんかに仕事を頼まれてしまうこともあるんですよね...。

正社員だったらまだしもバイトだと時間外労働ってものすごく悲しいことなんですよね。

中途半端な時間だと当然残業も付きません。

言葉が悪いけどタダ働きしているってことになるんですよね。

一日だけのことだったらそれくらいのこと...って思われるかもしれないけど一ヶ月分となると結構な時間になってしまうんです...。

仕事を頼む人もそういう部分にはしっかり気を配ってほしいものです。

貴重な時間を無駄にしたくないですよね!

いっそのことこんなサイトで求人探してやろうかな!!

看護師の復職

看護師はいわゆる「手に職」ってやつで、一生モノの資格といえるでしょうね。
私はアルバイトですが、自分の仕事に誇りをもって日々働いています!

でも、結婚出産家事育児、家族の転勤など、様々な理由で職場を離れる人も多いですよね。
いったん離職した看護師が復職するのは簡単か、大変か。どう思いますか?

一般企業で働く友人から、「看護師なら、結婚してもいつでも戻れるでしょ?病院もたくさんあるしから働き口にも困らないし、いいよねー」
なんて言われたことがあります(怒)
いやいや!看護師という仕事は夜勤もあって時間も休みも不規則だし、とにかく体力勝負。お給料だってマチマチなんです。
基本女性ばかりだから人間関係もイロイロで、精神的ストレスも多いんです。
大きい病院だと派閥みたいなものに巻き込まれたり、小さいクリニックだとうまくいかなかったときに逃げ場がないし。
なので私はあえてアルバイトを選んでいる、というのもありますが。
おっと、話がそれました(笑)

一度職場を離れてブランクがある看護師の復職というのは、想像以上に大変なものなんです。
というのも、最近私が勤める病院に、子育てがようやくひと段落したからと7年ぶり位に現場復帰した方がいらっしゃるんですね。
働くこと自体が久しぶりで、技術や勘を取り戻せるのか、仕事についていけるのか...と相当悩んだみたいです。
彼女はこのサイトを見て、転職サービスに登録して復職を決めたそうです。
看護師ブランク求人ランキング

県や施設によっては、復職支援を積極的に取りくんでいて、お給料をもらいながら研修を受けられるところもありますし、
保育所を設置する施設も少しずつですが増えていますね。
無料のセミナーを受けるのも手かもしれません。

私が勤務したこの10年、たしかに色んなことが変わりました。
看護技術だけでなく、カルテが手書きから電子カルテになったり。
働いていても変化に対応するのは大変なのですから、現場を離れていた人の不安は相当なものでしょう。
でも、いま看護師は全国的に不足しています。女性の力が必要なんです。
もし、復帰したいけど不安だと悩んでいる看護師がいたら、ぜひウチの病院に来て欲しいです(笑)

アルバイト最適

看護師のアルバイトを10年も続けている私。

自分でもすごいなって思うんだよね。

何がすごいかってアルバイトでがんばっているってところ。

やってる仕事は正社員と同じだからねぇ。

違うのは給料...。

当然正社員の方が断然給料は高い。だったらアルバイトじゃなく正社員になればいいのにって人がきっと多いよね。

だけどいろいろ税金のこととか考えるとアルバイトで働いてるのが一番なんだよね。

それに正社員だと今のような勤務時間じゃなくなるから私にはそれもちょっとネック...。

総合的に考えると収入は多少少なくてもやっぱりアルバイト...。

だけど院内では実はアルバイトのくせに私が一番ナースの中では古株なんだよね...。

別にだからどうってことはないんだけどアルバイトでも古株になっているからある程度自分の自由もきくし便利なんだよね!

薬剤師を目指す方は、大学における勉学が忙しいため、アルバイト等はできない状況であるとはいえますが、実は、薬剤師の勉強を重ねながら、バイトをする事は、非常にためになると言います。 何故なら、薬剤師になると、お客様、患者さん、その他もろもろの事情により、コミュニケーションを高める事等が非常に重要となりますから、そのためのスキルを身につけるべくアルバイトをする事は、とても役立つというのです。

そのバイトというのが、塾の講師であり、塾の講師をする事により、薬剤師としても大いに役立つと言われています。 しかしながら、大学生活における状況が、勉学で精いっぱいという場合は、無理をして、勉学が追いつかない、脱落してしまうという事になってはいけませんから、あくまで余裕がある場合にバイトをするなら、塾の講師がおススメという事です。

薬剤師の仕事とは、そもそも調剤における技術面と、患者さんの薬の指導を促す所謂接客の面がありますから、塾の講師とは、その接客における『相手にいかにわかりやすく教えるか?』という部分、技術が身につく事となるのです。 つまり塾の講師は、生徒にどう話すとわかりやすいか、そう話すと伝わりやすいかを考えながら生徒に伝える事となりますから、薬剤師における服薬指導の練習に通じ、尚且つその技術も身につくという事なのです。

こうしたバイトをする事により、接客面での練習となり、尚且つその技術も身につけられる。 伝え方、伝わり方、話し方、答え方、説明の仕方、塾の講師は、講師の仕方により、わかりやすい、わかりづらい、を判断する事となりますから、そのような講 師におけるバイトをする事によりお金を稼げるだけでなく、薬剤師の仕事をする事になる際にも大いに役立つという事なのです。

薬剤師になるための勉強期間は、非常に勉強量も多く、バイト、遊び等できない場合が非常に多く、できない方が当然でもありますが、万が一、そうしたチャン スがある場合は、迷わず、伝える事により、相手に理解してもらうというような塾の講師を選択し、一度伝えるという訓練のできるバイトを経験されてみてはい かがでしょうか。 もちろん、何度も言うように、それにより勉強ができなくなる場合は、無理をしてはいけませんが、時として、自分に無理を強いるという経験も将来的には大き な糧になりえる事も考えられます。

薬剤師になるという事は、様々な試練が強いられる事となりますが、バイトができるチャンスがある際には、『塾の講師』等をご検討ください。またこちらのサイトも参考になるので併せてどうぞ。

上手に人を使う...

看護師のアルバイトを10年以上もしていると病院の中でかなりの古株になっている私。

正直常勤の看護師よりもこの病院のことは詳しいんじゃないかな。

医師もいろいろとわからないことを聞くのは私なんだよね。

アルバイトの給料を考えると私は給料以上の働きをしていると絶対的な自信があります。

この矛盾に給料日が来るたびに苛立ちを覚えてしまうんですよね。

だけど所詮アルバイトだから仕方のないこと。これが我慢出来ないのであれば正社員として働くしかないんですよね...。

私には今の勤務状態が一番ベストだから正社員になる予定はまったくなし。

なので我慢するしかないですね...。

逆に上手に人を使う手段を身に着けることを考えた方が得策かもしれませんね(笑)。

 

医師の労働時間を考えてみる


医師の労働時間は、各病院、施設により異なりますが、ある調査の結果では、規模が大きいほど労働時間が長くなり、その傾向にあるためなのか、規模が大きい病院になるほど医師の年齢層も低くなるという傾向にあります。
いずれにせよ、医師の労働時間は、各医療機関により異なりますが、大きな病院ほど、労働時間は長くなる傾向にあるようです。

おおよそ1日の半分を病院で過ごす事となりますから、医師の収入が高給というのは、実際、一概には言えない事といえるのです。
もちろん、一般の職業と医師の給料を比較すれば、当然、医師の収入は非常に高給である事は確かですが、それ以上に医師という仕事は過酷であり、労働時間も長く、下手をすると、病院に1日中いる、もしくは、何日もいるなんて言う事も、医療機関によっては考えられますから、『収入=労働』が必ずしも比例しているか?という部分は、やはり必ずしもではないという事になるのです。

いずれにしてもこの労働時間、労働条件の不満をもとに転職を考える医師も多く、時間の余裕が欲しい、もっと生活を大事にしたいという理由から、転職を果たす医師も多いのです。
中には、週の労働がなんと60時間近くになるという医師も存在し、家に帰れないという状況に至るケースもある医師業ですから、やはり労働に関する問題は、命を預かるゆえの宿命ともいえるものの、相当過酷である事は事実なのです。

そもそも法律で規定されている、労働時間は週に対し40時間なので、医業を行う医師における労働時間は、その基準よりはるかに上回っている事は事実です。
医師という仕事は、患者さんが帰った、では、終了と簡単にいかない職業だけに、医療機関によっては、相当重労働且つ、自分のスキルを発揮できない環

医師における労働時間を考えると、結果的に、非常に働いているという事が想定出来ますが、命に携わる存在且つ、医師がいなければ、けが人、病気の方等も助けられない事となりますから、重要な存在なのですが、やはり医師は、医師自身の医療における環境を十分に選び、尚且つ自身の生活を考えた転職及び就職をすべきと思います。
いなくてはならない存在ですが、医師は医師の生活を考えた上での環境選びが、やはり医師にとっても必要と考えます。

昨今は、医師が医療機関を選べる時代ですから、医師は医師自身のための就職を果たすべきと考えるのです。
今では、医局制度に頼る必要が無いですし、尚且つ医師自身が働く場所を検討できるので、医師自身の目的に基づく環境選びをしてください。

非常勤医師の求人特集 非常勤医師求人・医師転職情報|m3.com CAREER

リンク