転職前のパートさんの微妙な収入

パートさんとアルバイトの違いって明確には無いんですよね?
個人的にはアルバイトっていうと学生でパートさんっていうと
既婚の女性っていうイメージだったんですけど、
未婚の女性でもある程度年齢が上になるとパートさんっていう
感じだから一概にはそうも言えないんでしょう。

どっちも社員よりも短い労働時間っていう規定が
あるようなんですけど、微妙な感じもありますよね。

転職後の職場では短い労働時間だったようです。
検査技師さんや看護師さんが午前中で帰っていくのを
良く見かけました。

一方、転職前の職場は......ありゃ?今考えると
殆どフルタイムだったような......。
フルタイムでなく、午前中で変える人もいましたけど、
午後もいて、尚且ついったい
いつ休んでいるんだっていうような人も
いたような気もするんですよね。
でも、時給がどうのこうのって言っていたから
パート職員の扱いだったんだと思うんですが、どうもその辺が
あいまいです。
まあ、転職前の職場はどうも黒い所がチラホラ見えたので
何かしらあるのかもしれません。

そう言えば、超過分を次月に移してどうのこうのと
相談しているのを耳にしたこともあるような......。

パートさんって扶養で制限内での収入は
税金がかからないんですよね、確か。
そういった関係の話だったのかもしれません、年末ごろの
話でしたから。

これから先、パートで働くこともあるかもしれませんけど、
そんな職場嫌だなあ......。

<注目>http://www.seiho-kyujin.net/(生保会社の転職特集)

転職を考えにくい仕事

これといった希望もなく仕事についたら転職をする確率がたかくなるんでしょうかね。
教師や医師、弁護士や建築士など資格のいる職種についた場合は転職をする人が少ないと思うんですよね。
医師や弁護士などそう簡単になれる職業ではない場合は転職なんて考えないでしょうね。
それまで、その職業につくまでにどれどけの努力と勉強をしてきたか考えてら簡単に転職なんて考えられないでしょうしね。
お金も大きな金額でしょうしね...。
医師や弁護士になる人の親も同じ職業な場合が多いのかもしれないですね。
だとしたらお金はそれほど気にはならないかもしれないですね。
たくさんのお金がかかっても、それ以上のお金は帰ってきますしね。
努力もせずに、これでもいいかな?程度で仕事をみつけ、やっぱり違うな~と安易に転職を繰り返してる人もいますしね。
努力して手に入れた仕事だと、何かあっても頑張ろうって思いますしね。
自分がした努力や苦労を考えてたら少しの嫌なコトなんてたいしたことでは無いって思えるんじゃぁないかと思うのです。
転職が悪いことではないんですけどね。
それでも、しないで済むならしないに越したことはないですもんね。
子供達にも目的を持って仕事をみつけて貰いたいと思うのです。
私自信が目的なんて持ってないまま仕事をしてしまったので、子供にはそうならないように話してるんですけどね。

大寒波!寒いっ

今週になって一気に寒くなっちゃいましたねぇ。

暖冬といってもやっぱり一番寒い時期になると冬だって感じの天気になってしまうものなんだなぁ...なんて思っちゃってます。

昨年はインフルエンザの流行りもなく今冬はこのままいい感じで終えるかな?なんて甘いことを考えていたんだけどこれだけ冷え込んでくるとやっぱりちょっと遅めのインフルエンザの流行があるかもしれないよね。

看護師の仕事をしていて一番嫌な季節とも言えるかなっ。

家にいてもあんまり部屋の中をあったかくしすぎてしまったら睡魔に襲われちゃうし暖房使わないと寒くて居られないしね...。

寒いのがかなり嫌いだから今の私は通勤時の重ね着は尋常じゃないくらい!

早く軽い洋服で動きやすくなりたいものですっ。

年賀状、どうする?

そろそろ年賀状を書かなきゃいけない時期になってきちゃいましたね。

毎年大体70枚~80枚くらいは書いているんだけど書き出すタイミングが難しい...。

看護師のアルバイトをしてる私は一気に書き上げるなんていう体力はないので

毎日少しずつ書いていくんだけどどうしても毎年年末ギリギリまで書いてるんです。

あまり早く書き始めてしまうと相手方に不幸事があったりしたら無駄になってしまうし、遅くから書き始めると投函するのが間に合わない...。

やっぱり12月に入ってから少しずつ書いていくのが一番いいのかなっ。

印刷を頼んだら楽なんだろうけどなんとなく印刷された年賀状って味気なくてもらっても嬉しくなかったりするからねぇ...。

出来るだけ手書きを心がけている私です。

義理両親に気に入られていた看護師さん

看護師さん(都内で求職中の看護師さん)のご両親はあっさりと結婚を認めてしまった、あとは元旦那の両親に了解を得るだけだと二人は更に盛り上がった。看護師さんは、「あの時父の言う事を聞いておくべきでした、小さい頃から父は放任主義であまりちゃんと話をしたことがなかったので。ちょっと怖かったのもあったというか、早く話を終わらせたかったんでしょうね・・あの時は本気で早く結婚したいって思ってましたから。」と言った、看護師さんよりも父親の方が後悔しているかもしれないが。元旦那のご両親は看護師さんを待ちわびていたかのように出迎えてくれた、「うちの息子で良ければ。」や「うちの息子にはもったいない。」などと声をかけてもらい看護師さんは安心した。元旦那は父親が定年退職する頃には地元に帰るつもりだった、その話は看護師さんも了承していた。看護師さんは地元の病院で就職しようと考えていたらしいが、今思えば元旦那は地元で何をするつもりだったのかはわからないという。結婚に関しても言えるが、何事も行き当たりばったりというようなタイプだったのかもしれない。完璧にとは言わないが、ある程度の人生設計はどんな人でも家族となるからには必要となってくる。こういったところでも、計画性の無さというのが判断対象の一つになるのかもしれない。

転職先が見つかっていない微妙な状態

微妙に腫れ物に触るような状態を体験できました。
夫が転職のために退職となったのが年末付、
転職先が決まっていなかったので晴れてプータローの身となったわけです。
音響職で転職したいなんて無謀だと私は思っているんですがね・・・w

となると、年始の挨拶をする頃は出来立て新鮮のプータローです。
私の実家、兄弟はある程度事情を察しているわけで、
なるべくその事には触れないようにしているのが目に見えて
わかりました。
転職先が決まってないからよけいですね。
だからと言って全く触れないというのも不自然、あえて外堀の
辺りでちょろちょろとしているような会話をしていました。
こういった雰囲気の中、腫れ物に触るようなってこんななんだろうかと
一人で思っていたわけです。

夫実家ではもう少し砕けていたものの、
それでもなるべく暗くならずに、明るい感じで
その手の話題をしておりました。

しかし、そこに穏やかな空気を破るものが出現です。
......息子です。子供だから容赦ないんですよ。

「父ちゃん、仕事やめちゃって暇だからこれからデブになるかも~~。」

もうね、一瞬で空気が凍った後に粉々に砕いたくらいの
雰囲気でしょうか。
周りの大人は何も言えませんよね、引きつり笑いを浮かべるだけです。

幸い、夫本人はそれほど気にしていないようで
後からも笑い話のように言っていたのでよかったです。

だめですね、子供だからって事実の表面上だけを教えて
適当に繕うとぼろが出ます。

子供なりにどういう事なのかを理解させて、
なおかつこういった悲喜劇のような状態を予測して
なるべくそういう話はしないようにと教えないと。



梅雨明けまで...

今年もまた梅雨がきちゃいましたねぇ。

雨が続くと部屋の中が洗濯物だらけになってしまって大変です。

専業主婦だったら雨が降るまでは外に干していて雨が降り出したら...ってことが出来るんだろうけど看護師の仕事してる私はほとんど日中は家にいないからどうしても外干しが出来ません。

結局乾いた洗濯物を片付けてまた次の洗濯物を...って感じの繰り返し。

たまの休みにはいつもは家の中に干している洗濯物を全部外に干しちゃうんだけどその休みの日が雨だったら最悪です。

気持ちまで落ち込んでしまう...。

フルタイムで働いている人も数時間のアルバイトの人もきっとこんな感じなんだろうね...。

早く梅雨が終わってくれればって思うけど梅雨意外でもやっぱり外出時は外干しはちょっと勇気が出ません。

私に出来る何かを求めて

今年私は今している仕事以外で何か自分にもっと出来ることを見つけてみたいなって思ってるんです。

別に今の生活に不満があるっていうわけじゃないけど何かもっと違ったことで私に出来ることがあるんじゃないかなって思うんだよね。

特別なことじゃなくていい、例えば英会話を習って英語の勉強をするとか何かのボランティアに参加するとか...。

大きなことじゃなくていいから何か自分で頑張れたって思えるようなものに挑戦してみたいって思うんだよね。

同じことの繰り返しの毎日の中でちょっとした刺激がほしいと思います。

何か資格取得っていうのもいいと思うけど勉強はどれもこれも苦手なんだよねぇ...。

苦手なことに挑戦するのもいいんだろうけどそうすると途中で挫折してしまいそうだからね...。

看護師の仕事を辞めたいっていうわけじゃないんだけどね。

寒さに耐える看護師の冬

段々寒くなってきましたね。

看護師の仕事を10年も続けているとある程度この寒さにも慣れてきてよさそうなものだけど基本的に寒さがダメダメな私には何十年経っても慣れそうにありません。

まだ今はそこまでないけどもう少しするとベッドから朝這い出てくるのが苦痛です。

一応起きる時間の少し前にエアコンの暖房がつくようにセットして寝てるんだけどね。

朝起きてエアコンを消してヒーターに入れ替えます。

朝目覚めた時に寒いのってどうしてもダメなんだよね...。

一時期は電気毛布の電源を最大にして寝ていたこともある私。

さすがに電気毛布は体に悪いから今はしてないんだけどね。

体にいいとか悪いとかよりも寒さに耐えるよりましなんじゃないかって思う気持ちも捨てきれない私。

またあの生活に戻ってしまいそうな予感。

季節の変わり目に...

段々と寒さが増してきましたね。

いよいよ冬の寒さって感じです。

看護師の仕事をしていると季節の変わり目はどうしても患者さんの風邪をもらってしまう私です。

それも一度引いてしまったらなかなか治らないからたちが悪い。

数年に一度は思いっきり大きな風邪をひいてしまうんだけど今年のお正月に一週間寝込む風邪を引いてしまったから来年は大丈夫かな?なんてのんきなことを考えています。

インフルエンザの予防接種も一応受けるし...。

子供の頃から記憶のある限りでは私ってインフルエンザはあんまり感染した記憶がないんですよね。

新型インフルエンザが大流行した時も我が家では誰もかかっていません。

大きな病気はないものの細々した風邪は頻繁だからどっちがいいのかわかんないよね。

リンク