たまにはご褒美を!

今日は久しぶりにちょっと豪勢に買い物を楽しんでしまいました。

豪勢に...といっても高額商品をあれこれ買い物したわけじゃなくせいぜい数千円程度のもので今まで悩みながらも見送ってきた品物を思い切って買っちゃったんですけどね。

人間ずっと我慢をしているとやる気が損なわれてしまうんですよね。

たまにはいつも頑張っている(と自分では思っている)自分へのご褒美で...なんて勝手に思って買っちゃいました。

買う寸前までちょっと迷ったりもしたんだけどね。

今日購入したものは新しい洗濯物干し、まな板、ちょっとかわいいテーブル。

どれもずっとほしいなって思いながらも我慢していたもの。

家に帰ってなんとなく気持ちが高ぶっちゃいました。

明日からまた看護師の仕事、しっかり頑張っちゃいます!

 

転職先が思うように見つからず......

転職のための退職でフリーな時間ができた夫は
頻繁に実家に通って家の修繕をしておりました。
不動産鑑定士の求人は見つかったのか・・・)
親孝行を自分でできていい事なんじゃないかなと思っていた
私は別に何とも思わず送り出していたんです。

求人表とにらめっこして眉間に皺を寄せている
鬱陶しい状態を見ずに済むから大歓迎です。
普段、親孝行っぽい事してませんでしたからね、
丁度良かったんじゃないでしょうか。

まあ、こんな感じで実家には通っていたようですが、
私の両親にはやっぱり顔を合わせ辛かったようです。

私の両親はアクティブな方なので私があまり実家に行けない
代わりにこちらの方に来てくれていたんです。
夫が仕事に行っている時はそれでもよかったんですけど、
家にいるとなるとやっぱり遠慮するんでしょうね。
めっきり来なくなりました。

旅行の帰りについでに寄る事もありましたけど、
土産を置いて、ついでにちょっとトイレを借りるっていう程度でしたね。

一方、時間が余っているとはいえ私の実家の方に
顔を出すっていう事はなかったですね。
もし両親がウチに遊びに来ても「ゆっくりしてもらって。」
と残して自分も自分の実家に旅立って行ってました。

まあ、そりゃそうですよね。
転職するために辞めて、本人はすぐに再就職するつもりだったのに
思ったより求人がなくてもう何か月か......
そういう姿はやっぱり見せたくないのかもしれません。

今、転職先も決まって色々と準備している最中ですが、
その準備の中には私の実家訪問というのが入っています。
やっぱり決まってからじゃないと顔を合わせ辛かったんですね。

看護師の外部研修

訪問看護でも今年度なら外部研修に年間数回いくことになりました。
昔、精神科の看護師採用情報なんかを見ていた時にも何度か研修に行ったことがあります。
職場で費用を出してもらえるのですからね。
有難いことです。
看護師としていつも通りの仕事をしてはいますが、新しい情報に耳を傾けると言うことは非常に大切なことですよね。
ついつい、面倒とおもって研修の案内何て来ても無視をしていましたがこれからはすすんで研修を受けるようにとの伝達がありました。
クリニックの看護師は研修にいってるのか師長に聞くと、人数不足で中々行けないとか...。
そうですよね。
良い研修があったとしても毎日の業務に差し支えがあるようだと行かすわけにはいかないですもんね。
師長も板挟みで大変なようです。
そう考えたら私は意外と行きやすい環境にあるのかもしれませんね。
自分である程度の訪問の調節もできますからね。
年間2回以上は行くのが目標だそうです。
出来たら東京に行きたいなぁ。
他で訪問看護師として働いてる友達と合わせて研修にいけば楽しいですしね。
子供も大きくなって数日家を空けても大丈夫になったし、これからは自分のスキルアップのためにも研修にはすすんで参加するようにしたいと思います。
レポートを書くのは大変だとおもいますけどね。
なれるより慣れろです。
早速、来月にある研修を言われましたが...悩み中です。
開催場所が九州なんです。
これはていねいにお断りしようと思います。

保健師助産師看護師法とは?

看護師の全てを決めている法律が保健師助産師看護師法

 

看護師の定義も保健師助産師看護師法が決めている

保健師助産師看護師法には看護師の身分を定めた記述があります。つまり、同法は看護師のあり方、業務内容などを定めた法律でもあります。

 

保健師助産師看護師法の定義

看護師は看護学校を出た後、国家試験を受けなければなりません。その決まりも全て保健師助産師看護師法に定められています。この法律において『看護師』とは、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじょく婦に対する衛生上の世話又は診療の補助を行う者を言う」上は法律の条文ですが、この文章を見ても分かるように、看護師は厚生労働大臣の免許を受けずに従事すれば違法になりますし、診療の補助でなく、診療行為をすれば違法になります。看護師が診療行為をして罪なった事件がありましたが、罪になった理由は法律に反しているからです。

 

保健師助産師看護師法の定義に恥じない看護師になろう

 保健師助産師看護師法が定められた目的は以下のように書いてあります。この法律は、保健師、助産師及び看護師の資質を向上し、もって医療及び公衆衛生の普及向上を図ることを目的とする」法の定められた目的です。医療の発展を体現するような素敵な看護師、助産師、保健師になってください。

薬剤師の旦那は今日は残業です

金属アレルギーなので、ペンダントや指輪がつけられません。
結婚指輪も袋に入れて持ち歩いています。
旦那はきちんと結婚指輪をしていてくれているのに、私はしていないのでなんだか申し訳ないです。
旦那は私の金属アレルギーのことを理解してくれているのですが。
こういう体質じゃなかったら、もっとおしゃれも楽しかったのかな~と思います。
服や化粧、髪などで十分楽しんでいるのですが・・・。

暗い話をするのもよくありませんね!
今日は旦那が残業なので、一人でご飯です。
旦那は調剤薬局に勤める薬剤師なのですが、今は新薬の研究があるとかで、会社の薬剤師の人たちが夜遅くまで開発しているそうです。
薬剤師の仕事って、病院や薬局で薬を処方する職業だと思っていたのですが、こうして新薬の開発にも携わっているんですね。
薬剤師の旦那に聞くまで知りませんでした。
さて、晩御飯何にしよう。
一人だからそんなに張り切って作らなくていいので、簡単にすませようかな。
朝の残りはお昼に食べちゃって残ってないし、冷蔵庫にも使えそうな食材なかったし、久しぶりにスーパーの惣菜でも買ってこようかな。
旦那の食事だと栄養価などを考えてしっかりしたものを作りますが、自分一人だと適当になります(笑)

インフルエンザ感染に注意

いよいよインフルエンザが流行りはじめてきましたね。

看護師していると感染予防をしっかりしておかないとすぐにうつってしまいます。

感染予防といってもやっぱり一番効果的なのは睡眠時間の確保といったところでしょうか。

抵抗力が弱ってしまうとすぐに菌をもらってしまうのでとにかく自分の健康管理が大切です。

普段はちょっと夜更かし...なんてことがあってもこの時期だけは睡眠時間を削らないように必死です。

近くの小学校では学級閉鎖がどんどん広がっているようです。

小さな子供さんがいる家庭ではそれこそ大変ですよね。

子供が病気をすると共働き家庭が多い今の時代子供の世話をする人がいなくて困るというところも多いようです...。

子供だけを残して仕事に出かけるってわけにもいかないしね...。

 

転職活動をするときには、まずはハローワークで求人を見ることが多いと思います。
地方の場合はハローワークぐらいしか求人が充実していないということもあります。
そもそも全国どこを見ても、ハローワークが最も求人数が多いですからね。
それに無料で利用ができるというのも嬉しいポイントです。

その一方でハローワークにはブラック企業も多いと言われています。
ネットでの口コミを見てもそう思うかもしれませんが、これは一種のネガティブキャンペーンみたいなものです。
あまり気にしないでもいいと思いますが、それにしてもブラック企業に転職をしたくはないですよね。

ハローワークというのは公的機関ですから、いくらブラック企業でも違法な会社でもない限りは求人の掲載を断ることはできません。
ブラック企業と言われている企業だって、まっとうに税金を納めているわけですから、公的機関のハローワークは断ることができないというわけです。

どのような理由であれ、ブラック企業に勤めることは避けたいですよね。
ブラック企業だったらすぐに退職すればいいと思うかもしれません。
ですが、すぐに転職することになれば自分の職歴にも傷が付いてしまうので、焦って怪しい企業に転職をしないようにしましょう。

ところで私の弟がフィールドエンジニアをやってるんです。それで今転職したいと言っています。
そこでハローワークでフィールドエンジニアの志望動機など一緒に考えてもらえないかと言ってみました。
使えるものは使っていかないとというのは世のセオリーですよね。

バイトの看護師でも...

いくらバイトだといっても看護師の仕事を10年以上も続けていたらもう完全なベテランですよね!

だけどちょっと悲しいのがベテランとなってしまうと余計な仕事までさせられてしまうことがあるんです...。

勤務終了直前なんかに仕事を頼まれてしまうこともあるんですよね...。

正社員だったらまだしもバイトだと時間外労働ってものすごく悲しいことなんですよね。

中途半端な時間だと当然残業も付きません。

言葉が悪いけどタダ働きしているってことになるんですよね。

一日だけのことだったらそれくらいのこと...って思われるかもしれないけど一ヶ月分となると結構な時間になってしまうんです...。

仕事を頼む人もそういう部分にはしっかり気を配ってほしいものです。

貴重な時間を無駄にしたくないですよね!

いっそのことこんなサイトで求人探してやろうかな!!

看護師の復職

看護師はいわゆる「手に職」ってやつで、一生モノの資格といえるでしょうね。
私はアルバイトですが、自分の仕事に誇りをもって日々働いています!

でも、結婚出産家事育児、家族の転勤など、様々な理由で職場を離れる人も多いですよね。
いったん離職した看護師が復職するのは簡単か、大変か。どう思いますか?

一般企業で働く友人から、「看護師なら、結婚してもいつでも戻れるでしょ?病院もたくさんあるしから働き口にも困らないし、いいよねー」
なんて言われたことがあります(怒)
いやいや!看護師という仕事は夜勤もあって時間も休みも不規則だし、とにかく体力勝負。お給料だってマチマチなんです。
基本女性ばかりだから人間関係もイロイロで、精神的ストレスも多いんです。
大きい病院だと派閥みたいなものに巻き込まれたり、小さいクリニックだとうまくいかなかったときに逃げ場がないし。
なので私はあえてアルバイトを選んでいる、というのもありますが。
おっと、話がそれました(笑)

一度職場を離れてブランクがある看護師の復職というのは、想像以上に大変なものなんです。
というのも、最近私が勤める病院に、子育てがようやくひと段落したからと7年ぶり位に現場復帰した方がいらっしゃるんですね。
働くこと自体が久しぶりで、技術や勘を取り戻せるのか、仕事についていけるのか...と相当悩んだみたいです。
彼女はこのサイトを見て、転職サービスに登録して復職を決めたそうです。
看護師ブランク求人ランキング

県や施設によっては、復職支援を積極的に取りくんでいて、お給料をもらいながら研修を受けられるところもありますし、
保育所を設置する施設も少しずつですが増えていますね。
無料のセミナーを受けるのも手かもしれません。

私が勤務したこの10年、たしかに色んなことが変わりました。
看護技術だけでなく、カルテが手書きから電子カルテになったり。
働いていても変化に対応するのは大変なのですから、現場を離れていた人の不安は相当なものでしょう。
でも、いま看護師は全国的に不足しています。女性の力が必要なんです。
もし、復帰したいけど不安だと悩んでいる看護師がいたら、ぜひウチの病院に来て欲しいです(笑)

アルバイト最適

看護師のアルバイトを10年も続けている私。

自分でもすごいなって思うんだよね。

何がすごいかってアルバイトでがんばっているってところ。

やってる仕事は正社員と同じだからねぇ。

違うのは給料...。

当然正社員の方が断然給料は高い。だったらアルバイトじゃなく正社員になればいいのにって人がきっと多いよね。

だけどいろいろ税金のこととか考えるとアルバイトで働いてるのが一番なんだよね。

それに正社員だと今のような勤務時間じゃなくなるから私にはそれもちょっとネック...。

総合的に考えると収入は多少少なくてもやっぱりアルバイト...。

だけど院内では実はアルバイトのくせに私が一番ナースの中では古株なんだよね...。

別にだからどうってことはないんだけどアルバイトでも古株になっているからある程度自分の自由もきくし便利なんだよね!

リンク